シャンプーを使わないことが抜け毛対策になる

シャンプーを使わない

最近気になっているのが人はなぜ禿げてくるのかということ。

 

遺伝や加齢が原因とされていますが、他にも理由があるのではないかと思っています。

 

そこで私が注目したのがシャンプーです。

 

シャンプーには洗浄力の強い成分が配合されているためシャンプーで洗えば洗うほど頭皮を傷つけていることになります。

 

学生時代に白髪、抜け毛の悩みがない限りシャンプーに気を遣うようになるのは社会人になってからの人が多いです。

 

それまでは頭皮を傷つけてしまうシャンプーを使い長い期間洗い続けてきたわけだ。

 

頭皮の状態が悪化して髪が抜けてしまうのは仕方がないのかもしれないですが、できるなら禿げる前に対策を行ったほうがよいです。

 

育毛剤を使ってもすぐに髪が生えるわけありません。

 

そこで対策としてあげるのがシャンプーを使うのをヤメましょう。というものです。

 

シャンプーに悪い成分が入っている以上、使えば使うだけ頭皮を傷つけてしまいます。

 

洗浄力の低いアミノ酸系のシャンプーだったとしても、それは同じではないか?と、最近感じるようになりました。

 

いまでは、シャンプーを使わないで頭皮を洗いましょう。と呼びかけている人も多いです。

 

その人達はシャンプーを使わないことで髪質が変わりコシが出てきたなどの効果を実感しています。

 

髪の長い女性はシャンプーを使わないと気持ち悪く感じる人も多く、髪をサラサラにするためや良い香りをつけるために使用しています。

 

いま はシャンプーをやめられないという人でも抜け毛で悩むようになった時は一番始めにシャンプーをヤメることから始めてみてほしいと思います。